ツマとムスメとウツボク

いきるってたいへん。でも、すばらしい。

こんなことかんがえてます

「きょう、できることを」とボク

おひさしぶりになります。 年始から、どうも体調が不安定で、なかなかブログを更新する気になれず。 今日は、なんとなく気が向いたので、書いてみようと思います。 ここ一ヶ月の間は、まさに「一進一退」の繰り返し。 よくなったり、わるくなったり。 日々、…

「心の動く方へ」とボク

みなさんは、今年の抱負や目標は決めましたか? ボクは、あまり目標を決めないタイプなので、なんとなくぼんやりと。 今年に限ったことではないですが、 いつも、自分の「心の動き」に敏感でいようと思っています。 なぜ、そう思うようになったかと言うと、 …

「新しい年をむかえて」とボク

年が明けました。 昨年10月から始めた「ウツボク」、 覗いてくださっている、お一人お一人に感謝します。 開設してまだ4ヶ月程ですが、 正直、こんなに続くと思いませんでした。 「コツコツと継続する」ことが、あまり得意ではなく。 自分でも少し驚いていま…

「ワークライフバランス」とボク

そもそも、ボクはこんなタイトルで文章を書くほど、 しっかり「ワーク」しておりません。 しかし、ここ数日、このことについてよく考えている。 「生きていく上での優先順位」を改めて見直し始めている。 そんな自分が、いる。 数年前、たまたまWEBのコラム…

「ひとつひとつ、かぞえてみよう」とボク

あんまりネガティブなことばかり書きたくないが、 ここ数週間、すこぶる体調が悪い。 食事、トイレ、入浴さえも億劫だ。 なんか動物みたいな臭いがする。 一応、動物だけど。 布団はもはや身体の一部。 もう間もなく一体化するのではないか。 ツマとムスメた…

「泳ぐのを止めた日」とボク

なんか、前にもこんなようなことを書いた気がするし、 いつも同じようなテイストですんません。 いつも、「その日の気分」で書いております。 読んでくれているみなさん、あらためて、ありがとう。 唐突ですが、 あなたには「目標」がありますか? それに向…

「いきてることがつらいなら」とボク

おもたいタイトルだけど、 きょうはなんとなく、こんなことをかきたいキモチです。 いのちあるものには、かならず「おわり」がくる。 しょくぶつも、こんちゅうも、どうぶつも、そして、にんげんも。 「はじまり」があるから「おわり」もあるのだ。 「はじま…

「やっぱり青く見える」とボク

「隣の芝生は青く見える」とは、本当によく言ったものだなあと、 最近、つくづく思います。 きっと誰しもあるでしょ、隣の芝生が青く見えたこと。 「あの人、痩せてていいなあ」とか、 「あの人、モテてていいなあ」とか、 「あの人、金持ちでいいなあ」とか…

「いいんだ、いいんだ、おくれても」とボク

前に、こんな記事を書いたんですよね、そういえば。 この記事を書いた10/28くらいに、たしか植えたんだったっけ。 小松菜ね。消費量がすごいもんだから。 小松菜オバケみたいのいるんで。 www.tsuma-musume-boku.com んで、1週間後くらいにはポコポコとかわ…

「ボクの好きな男のタイプ」とボク

いや、そういうこっちゃないんですよ。 もちろんね、愛や恋には多様性があります。 だた、ボクは女性に恋をするタイプであります。 実はボク、エッセイストの『松浦弥太郎』さんのファンなのです。 人生の「冬眠期間中」に、弥太郎さんの本を読み漁っていま…

「俺が芋食ってお前が屁をするか!?」とボク

長い上に、やや、お下品なタイトルで失礼。 おなじみ、『男はつらいよ』の寅さんの言葉である。 というボクは、実はほとんど『男はつらいよ』を観たことがない。 『男はつらいよ』が大好きで、全シリーズ観ている友人がいるが、 もはや、寅さんの「粋」な部…

「時」とボク

突然ですが、「世界一のベストセラー本」って知ってます? そう、『聖書』なんですって。 その数、「少なくとも50~60億冊以上」らしい。 世界中の人が、約1人1冊持っている計算。 Wikipedia先生に教えてもらいました。 書籍に関する世界一の一覧 - Wikipedi…

「苦しみの意味」とボク

本日は、お布団の中より配信しております。 昨日も今日も、なんとも気持ちのよい秋晴れなのに、 こういう時に限ってウツが甘えてくる。 ああ、日光を身体いっぱいに浴びたいぜ。 こういう日は、なんかタイトルも暗めになってしまう。 許してくらさいね。 自…

「その奥には人がいる」とボク

ちょっとホラーっぽいタイトルになってしまったが、違います。 ボクは、ウツに気に入られるぐらいなので、 人一倍、感受性が強くセンシティブな面を持っている。 と、自分では思っている。 「人の気持ち」にも敏感だ。 勝手に気をもんで、勝手に疲弊するなん…

「目を見る」とボク

「相手の目を見て話しなさい」 昔から、親や周りの大人に言われてきた言葉。 最近になって、ボクなりにだが、その大切さを噛み締めている。 ことわざにも、「目」に関するものがいくつかある。 【目は口ほどに物を言う】 情のこもった目つきは、言葉で説明す…

「オトナの定義」とボク

これ、みなさんどう思います? ボクは、このことについて、よく考えることが多いんです。 「オトナ」と「コドモ」の境界線ってなんだろう。 別に何でもいいんですけどね。 だからなんだって話なんですけど。 ただ、それについて考えるのが好きなんです。 ボ…

直観とボク

「直観」を頼りにするタイプだ。 といいつつも、「考えること」が趣味だったりもする。 ただただ、ぼーっと考える。 それが好きなのだ。 何かを判断したり、決める時、 やはり、よくよく慎重に考える。 考えて、考えて、考えて、 しかし結局、最終的に「直観…

「百聞は一見に如かず」とボク

ボクは基本的に出不精である。 用事がなければ、極力、家でゴロゴロとしていたい。 元々、そんなんなのに、 ウッツーと仲良くなっちゃったもんだから。 出不精+ウッツー=籠城 ※籠城(ろうじょう):敵に囲まれて、城・要塞(ようさい)にたてこもること。転じ…

七転八起とボク

今日は朝から、住んでいる団地の、屋外排水管修繕工事が実施されている。 10:00~17:00まで、自宅で排水が出来ない。 つまり、手を洗ったり、トイレに行けないのだ。 朝から晩まで仕事がある人にとっては問題ないが、 主婦や、ふだん自宅で過ごす…

スネ夫とボク

ボクには残念な性癖がいくつかある。 そのひとつが、 「スネる」 ことだ。 おそらく、小学生の頃から安定してスネ続けている。 今のところ、夫婦関係が成立しているのは、 ツマがボクのスネちゃまを適当にあしらってくれているのが大きい。 と、勝手に思って…

家庭とボク

「家族」 と、 「家庭」 の違いは何だろうか? 今朝、ツマとそんな話をしていた。 なんとなく、違いは分かる気がするが、 気になったので国語辞典で調べてみた。 【家庭】 一つの家に生活する家族の集まり。また、その場所。 夫婦・親子などで構成される。 …

台風とボク

今回の台風は、かなりの勢力のようだ。 ニュースを見ていると、台風情報が多く取り上げられている。 前回の台風15号では、千葉県を中心に大きな被害も出た。 被害が最小限で済むのを願うと共に、 不安でいる方々に平穏が訪れるよう心から願っている。 ボク…

あいさつとボク

今朝、ツマがお米を買い忘れたと言うので、 朝から開いている近所のスーパーでお米を買って来た。 帰ってくるとムスメが、 「ぱぱあ、おこめかってきてくれてありがっと」 と、ボクの目を見て言ってきた。 機嫌が良かったのかもしれない。 でも、びっくりし…

Help Meとボク

人に助けを求めることが苦手だ。 以前より、だいぶ抵抗がなくなってきたが、 まだまだ難しい。 一概に「国民性」でくくることは出来ないが、 日本人はもしかしたら、 そういう人が多いのかもしれない。 なぜ苦手か。 相手に迷惑をかけてしまうのではないか……