ツマとムスメとウツボク

いきるってたいへん。でも、すばらしい。

こんなけいけんをしました

進めラインカー

高校の頃、野球部に所属していた時の話。 当時、自分達の学校で、練習試合が行われる日があった。 1年生だったボクは、試合開催の為に、道具の準備やグラウンド整備をする。 「ラインカー」をご存知だろうか。 今も使っているのかな。 当時、よく体育の授業…

ポジティ部

ポジティブとネガティブで分けるならば、ボクはネガティブ。 ツマは完全にポジティブだ。 もう、底抜けにポジティブ。 この人と一緒だから、ボクはなんとかやれている。 間違いない(こんな芸人さんいたな) 最近、ムスメが「アナと雪の女王」にハマっている…

剛田武に学ぶ多面的理解

20代前半の頃、知人が勤めている学童保育でバイトをさせてもらっていた。 夏休みや冬休みの長期休みに入ると、学童保育の一日は長くなる。 なので、時々みんなで「お出かけ」をしていた。 ある日、映画館に行くことになり、ボクも引率させてもらうことに。…

山村留学

「食事が出てくる」ことはボクにとって当たり前ではない。 食器が洗われていることも、そう。 洗濯物が洗われていることも、干されていることも、畳まれていることも。 ツマには、毎日、「どうもありがとう」と伝えている。 別に、良い夫ぶっているわけでは…

「風呂場で感極まる」とボク

ボクには、「善き夫でいたい」という、意地とプライドみたいなものがある。 厳密に言うと、「善き夫でいたいと思えているボク」を維持したいのだろう。 ということを、残念ながら、とうの昔にツマには見透かされている。 「意地とプライド」が、泣いておる。…

「プーさんに救われた日」とボク

人は、「誰かの役に立つ」ことが生きがいに繋がったりする。 仕事、育児、ボランティア活動、その他にもいろいろ。 それらは大変な反面、生活に「張り」をもたらしてくれているはずだ。 渦中にいると、なかなか気づきにくいけれど。 ボクは体調を崩して、生…

「クシャクシャになった花」とボク

自宅の近くに、ムスメと同学年の男の子がいる。 ツマが彼のお母さんと意気投合し、ムスメと彼も、頻繁に遊ぶようになった。 数か月前から、幼稚園に入園する前の「プレ幼稚園」にも、 同じ幼稚園、同じ曜日に通っている。 先日、プレの日にどうやら小さなケ…

「それでも、くらべられない」とボク

昔から、「優劣」をつけるのが苦手だった。 小さい頃から、ずっと。 ちなみに、今も苦手だ。 「どっちがいいと思う?」 うーん、どっちもいいよ。うん、どっちもいい。 「どっちでもいい」ではなく「どっちもいい」なのだ。 わかるだろうか、このビミョーに…

「ねえ、もっかいよんで」とボク

ツマは絵本が好きだ。 ムスメも影響されてか、絵本が好き。 そして、ボクの母は大の「絵本好き」である。 物心ついた頃から、家には絵本がたくさんあった。 自分でも読んだし、何より楽しみだったのが、寝る前に読んでもらうこと。 母を真ん中に、両サイドに…

「発展もいいけれど」とボク

結婚する前から、ボクはこんな体調なので、 家族で、お出かけらしいお出かけをしたのは、片手で数えるほど。 新婚旅行は熱海に行ったが、 その時も、ギリギリまで、ボクがウダウダと言っていた。 当日、体調が悪かったのだ。 ツマは、とっても楽しみにしてい…

「アタマとココロ」とボク

よく、マンガやアニメで、登場人物が何かを「判断」しようとする時に、 ちっちゃい「天使」と「悪魔」が登場するだろう。 悪魔が悪い方に誘惑し、天使が正しい方に導こうとする。 で、登場人物が「うーん!」ってなる。 これもう、色んなマンガやアニメでお…

「雨が降ったら傘を」とボク

以前、母からもらった手紙に書かれていた一文。 たぶん、そんなに深い意味で書いたのではなかったと思う。 でも、この短い一文は、ボクの心に残る言葉となった。 そして、今日もなぜか、その言葉を思い出している。 ボクの体調は、「一進一退」していく事が…

「なかま」とボク

「仕事論」なんて言ったら、かっこよすぎるし、なんだかおこがましいな。 そんな事を語れる年齢でもないし、キャリアもない。 今まで、まともに仕事をしてきたかと問われれば、 元気よく「はい!」とは言えない自分がいる。 体調不良がそうさせていたとはい…

パソコンとボク

今、自分の中で、なかなかのピンチに追い込まれている。 そんな状態でも、ブログを書こうとするのだから、 質や内容はどうあれ、書くことや発信することが好きなのだろう。 そのピンチというのは、「パソコン」である。 今も得意ではないが、もともと、別に…

避難とボク

みなさま、台風による被害は大丈夫でしたでしょうか? ニュースを見ると、 被災された方、 怪我をされた方、 また、本当に残念なことに、 大切な命を落とされた方もいらっしゃる事を知りました。 ご遺族の方々の心痛が、少しでも和らげられるよう、 また、怪…

「待つこと」とボク

今朝、面白いことがあったので、ちょっとだけ。 ムスメは、食べることが大好きである。 もう、ほんとうに。 「くいしんぼう」 というより、 「食い意地が張っている」 という表現がしっくりくる。 一日中食べ物のことで、ギャーギャー言っている。 この執着…

オシゴットとボク

オシゴットとは、 ムスメがたまに歌い出す、 「ぶんぶんぶん、おしごっと~♪」 「ぶんぶんぶん、おしごっと~♪」 という、謎の歌のワンフレーズである。 ただそれだけです、はい。 今日はシゴトの話。 ウツと友達になって一番影響を受けたのは、 やはり、シ…

ウツとボク

もう12年の付き合いになるだろうか。 告白もしていないのに付き合う事になった。 それまで、自分とはまったく疎遠な存在だと思っていた。 苦しんでいる人は大変だなあと。 しかしヤツは、あ、ウツは、陰からじーっとボクの事を見ていたらしい。 後から聞いた…